そんなの誰が予想した!庵野秀明監督作品シン・仮面ライダー制作決定




スポンサーリンク

仮面ライダー生誕50周年記念と言う事で、2021年4月3日に仮面ライダーW正統続編「風都探偵」のアニメ化、昭和の最後、平成の始まり、仮面ライダーBLACKのリブート「仮面ライダーBLACK SUN」の製作発表がなされました。
そして、19時に配信媒体で重大発表生発表で明かされた本日最後の作品、藤岡弘、演じる本郷猛が、悪の組織ショッカーと戦い抜いた正義の系譜の原点。
仮面ライダー一号を新世紀エヴァンゲリオン、エヴァンゲリヲン新劇場版を手掛ける庵野秀明監督が指揮を執る「シン・仮面ライダー」

4月3日現在としてはちょうど3月終わりにシン・エヴァンゲリオン劇場版:||が公開されシン・ウルトラマンが意欲製作中との事だったが、まさか間髪入れずに仮面ライダーを発表するとはこの時誰が予想したか?
発表に登壇した白倉Pはもうこの日を、この瞬間を待ちに待ってたでしょうね。
本人も好奇心がブルンブルン(失笑はやめてください)

そりゃシン・ウルトラマンが発表した時はこうなったらシン・仮面ライダーも見たいよね!なんて話はしたし誰もが思ってましが、まさか6年前、仮面ライダーゴーストの時点で依頼をしてたとは誰が思っていたことか・・・
その頃といえばエヴァを意欲製作中の中でゴジラやるよ!って時期だったからそっからウルトラマン、仮面ライダー制覇してたって庵野監督って・・・人間なの?って思いますよ。
そしてトレンドには仮面ライダーの興奮冷めやらぬ中シン・ゴレンジャーだとかシン・ナウシカだとかシン・ガンダムだとかもう何が来てもおかしくない状況ですね。
と言うかもう話進んでそう・・・

さて、シン・仮面ライダーに関しては6年前から話を始めて本来は50周年に合わせる形であったが、知っての通りコロナの影響で計画に大幅な支障が出てしまったた為、50周年には間に合わず二年後の2023年となってしまいました。

キャストやスタッフ、歌手などはまだ未定、個人的にはおやっさん役か何らかの形で「藤岡弘、」は関わって欲しいなと。
後、俳優としても活躍中の藤岡弘、の息子「藤岡真威人」とかね。
藤岡親子の共演は今の所SEGAのせがた三四郎ぐらいかな?

シン・仮面ライダー、イメージビジュアルでは変身後の姿にロングコートを羽織っており、今までのレーシングスーツ系とは違いますね。
元々怪奇特撮物で始まっており、序盤はおどろおどろしい暗い雰囲気でしたが、路線としてはそっちのダークな感じ強くなるのでしょうか?
続報が期待されますが、BLACKが2022年、シン・仮面ライダーが2023年と、来年と再来年の令和ライダーはこれやり辛い所があるでしょうね。
でも負けてらんねぇ!!!って対抗意識を燃やしてくれれば仮面ライダーは今後も60、70と続いて行くのではないでしょうか。

楽しみですね、シン・仮面ライダー・・・・後、島本和彦先生の反応も楽しみですねぇ。

サイトTOPへ戻る
Translate »
タイトルとURLをコピーしました