偽物や送料詐欺のトラブルを防ぐamazonの検索方法

この記事ではamazonで起こる偽物取引や送料詐欺のトラブルに会わないように未然に防ぐ為の検索方法を紹介していきます。

まず初めに大手通販サイト「amazon」で、なぜ偽物取引や送料詐欺が起こるのかを解説。

amazonは知っての通り海外の大手通販サイトです、日本でのamazonは「amazon japan」という事になりますね。

amazonではあらゆる種類の商品を取り扱っておりますが、実はamazonで販売してるのはamazonだけではありません。

一見何を言ってるんだと思うでしょうが、amazonはamazon自身が直接通販をするのと別にamazonと言う場所だけ貸して他の商店や個人でも販売が出来るのです。

言ってしまえばフリーマーケットみたいなものですね。

amazonを利用する人の多くは知ってると思いますが、amazon自身とは別に「マーケットプレイス」と言う枠を設けて、amazonサイトでの販売を許可しております。

マーケットプレイスは先も言った通りamazonのサイトを間借りして個人で販売出来るスペースです。

例えばamazonが商品Aを取り扱ってる商品ページがあるとすると、amazon自身が商品Aを売るのとは別に、他の個人店でも商品Aを売る事が出来ます。

そしてamazonとは別に商品Aの値段をその個人店の自由に設定出来るのです。

他にも送料を付けたりと出来ますが、私はマーケットプレイスでの出品をした事無いので詳しくは知りません。

商品の検索結果でもamazonで販売したい商品のページが無ければ作ったり出来ます。

検索結果で同じ商品のページが複数あるのはその為ですね。

商品ページにamazon自身と個人店が混合するのは分かりづらいのでは?と思うでしょうが、見分け方は商品ページの「販売元」「発売元」を見る事。

そこに「amazon.jp」と記載されていればamazon自身が取り扱ってる事になります。

またちょっとややこしいですが、アマゾンジャパン合同会社と表示される事がありますが同じamazon.jpですのでご安心を。

さて、ここまででamazonには個人で商品を販売出来るマーケットプレイスがあると言うのはだいたい分かりましたね。

マーケットプレイスでは販売価格を自由に付けれますので、amazonの定価より安く付ける事が出来ます。

そしてamazonの商品ページは基本安い価格をTOPに表示しますので、amazonより個人店がTOPに来ることがあります。

誰だって商品を買うなら安い方が良いですが、実は安いからと言って飛びつくととんでもない目に合う可能性があります。

それが「送料」です。

amazonは基本プライム無料配送で送料無料に出来ますが、個人店の場合、送料を取る所があります。

まあ送料がかかるのは当たり前な話ですが、気をつけないと行けないのが、商品の価格に対して送料がめちゃくちゃ高かったりします。

例えば定価1000円の商品に対して100円で販売されてた場合、その分送料が1200円かかるとか。

どうしてそんなかかってしまうのかと言うと、これ、送料で元を取ろうとしてるからなんです。

定価に対して安くする代わりに送料で定価を上回ると言う詐欺の手口は昔からあります。

近年の有名な所でPS5が発売された時なんて送料10万でキャンセル不可とかありましたからね。

もちろん、海外輸入品などは海を超えるので送料が大幅にかかる場合もありますが、大抵は商品の価格の中に入っていたりします。

そしてこう言った送料詐欺は送料だけじゃなく商品も偽物や不良品だったりします。

特にマーケットプレイスではそういった偽物も多く出回り、本物を売ってる販売会社が注意勧告を出すほどです。

とは言えそんな偽物や詐欺とかamazonが黙ってはいないだろうと思いますが、amazonは全世界にそのサービスを提供しているので、検閲が追いつかない状態です。

もちろん通報も受け付けてますが、反映されるのは先の先だったりします。

マーケットプレイスでも真っ当に商売してる個人店もありますが、こういった不正行為を平然と行う輩が居る為、マーケットプレイスを安全、安心して使う事は出来ません、特に慣れてない人は・・・

しかし、amazonの商品ページはマーケットプレイスと混合しており、通常では販売元amazon.co.jpのみを表示させる事は難しいです。

検索で絞り込む事も可能ですが、amazonの仕様上何故か絞り込みに表示されない事があります。

なので、今一番有効な解決策として「&emi=AN1VRQENFRJN5」と言う後付けコードがおすすめです。

このコードはamazonの検索結果のURLの一番最後に付け足すと、検索結果でマーケットプレイスを除外してamazon.co.jpのみにしてくれるコードになります。

URLが表示、追記出来れば可能です。

まずPCブラウザでamazonを開きます

amazonトップページ

次に何でも良いので商品検索をします、そうですね、偽物と言えばブランド品でしょうか?

次に「&emi=AN1VRQENFRJN5」をコピーします。

そして検索結果のURLの一番最後にコピーした&emi=AN1VRQENFRJN5を貼り付け、Enterを押します。

すると、amazon.co.jpでの取り扱い商品のみになり、マーケットプレイスを除外出来ます。

これで偽物や送料詐欺を弾く事が出来ますが、amazon.co.jpのみを表示させるのでマーケットプレイスを利用して自社製品を売ってる販売元の会社も弾くので注意して下さい。

その場合は商品ページで「販売元」「発売元」をよく見るか、販売元の会社のHPから商品ページに飛ぶと良いでしょう。

PCブラウザでのやり方を紹介しましたが、スマホが主流の現代では、やはりスマホからも出来るようになりたいですよね?

amazonではスマホアプリ「amazonショッピングアプリ」を提供してますが、残念ながらamazonショッピングアプリからではURLが表示されないのでamazonショッピングアプリからではこの方法は無理となります。

しかし、スマホからでも上記の方法はちゃんと可能です。

まずスマホのブラウザでamazonを開きますが、amazonショッピングアプリをインストールしていると、amazonをタップしただけで自動的にamazonショッピングアプリの方を開いてしまいます。

なので、amazonをブラウザで開く場合はamazonのリンクを長押しして、新しいタブ、新しいタブをグループで開くのどちらかを選択します。

amazonトップページ

すると、amazonショッピングアプリを介せずブラウザで直接amazonを開くことが出来ます。

後は商品検索で検索をかけて、「&emi=AN1VRQENFRJN5」をコピーし、URLの一番最後に貼り付けて移動するだけで、スマホからでもマーケットプレイスを除外できます。

スマホの場合はコードをいつでも貼り付けられるよう保存しておくと良いでしょう。

注意点としては、新たに検索をかけるとコードが無効になりますので、検索の度にコードを貼り付けて下さい。

検索結果のページ移動には問題ありません。

一応、amazonの仕様が変わればどうなるか分かりませんが、今の所この方法が安全と言えるでしょう。

本当はマーケットプレイスも偽物や送料詐欺の巣窟では無いんですけどね、こればっかりは仕方ないですね。

バンダイのガンプラ再販定価のタイミングを買い逃さない為のamazonリンク

Amazon(アマゾン)でガンプラ再販を定価で表示する検索方法が大変便利だった話。

販売元のAmazon.jpとアマゾンジャパン合同会社の主な違いな話

PR