カテゴリー

映画「学校の怪談」

スポンサーリンク

え~、ここ最近怖いものを見てふと思い出したのが映画「学校の怪談」
1995年に第一作が公開。
当時、怪談ブームと言う事もあってか、TVでも学校の怪談をモチーフにした番組をやっていました。
また、セガサターンからゲーム化もされていました。
その後、四作まで製作され、映画は終了しました。
最近はやってないようですね。
私が見たのは三作までで、当時は友人と誘われて映画館に見に行ってました。
一作は覚えてますが、二作目からは映画館で見たのかは覚えてませんなぁ・・・
さて、学校の怪談とは動く二ノ宮金次郎像やトイレの花子さんなどのあれですが、映画の方はホラーだけどコミカルになっており、子供でも見れる感じになっておりました。
第一作では、夏休みの始まる終業式の日に、旧校舎にひっそりと置かれていた置物を壊してしまう事で、事件は起こる。
その日、主人公の少年が家に帰宅すると、妹がまだ帰って来てない事を知り、学校へ戻る事に。そこで、担任の先生に事情を話し、一緒に妹を探すが、やがて、導かれるように旧校舎へとたどり着く。
他のクラスメートとも合流し、手分けして妹を探すが、旧校舎ではすでに何かが動き出していた・・・
二作目では、都会から少し離れた田舎の学校が舞台となっており「四月四日の四時四十四分に何かが起こる」と言うキーワードが付きました。
東京から合宿に来た、塾の先生と生徒たち。
季節外れの肝試しをするべく、地元の生徒と廃校となった学校へ忍び込む。
探検をしてる内にたどり着いたのが、学校の時計台の中。
そこで、一人の生徒が靴を歯車に挟んでしまった事から、四時四十四分が揃ってしまう事に。
やがて、校舎の中で次々と奇妙な現象が起こり始める。
子供達は無事に脱出出来るのか・・・・
三作目は意外とまともに幽霊中心です。
運動会の日に子供が消える事件が起き、やがて「タイチの鏡に連れ去れた」と言う噂が立つ。
タイチの鏡の噂を聞いた子供達は、夜こっそりと見に行く事を約束。
そして、先にたどり着いた一人の子供が、他の子達を待っていると、突然、鏡の中に引き摺り込まれてしまう。
悲鳴を聞いた他の子供達と、学校に残っていた担任の先生が駆けつけるものの、揃って鏡に引きずり込まれてしまう。
鏡の世界で恐怖を体験する一向だが、無事に元の世界に戻れるのだろうか・・・
そして四作目ですが・・・これは見てませんので、どんなストーリーか知りません。
調べた所によると、今までの学校の怪談とは違い、ちょっとしたヒューマンドラマになっているそうです。
さて、この映画の見所なのですが、1~3を通して素晴らしい絶叫とこの映画の顔となった「野村宏伸」氏。
皆勤賞では無かったのが残念ですが、一作では担任、二作では寺荒らし、三作目では再び先生役として登場。
CMでも使われた絶叫の顔は今でも忘れませんw
しかし・・・三作目って絶叫してたっけ?あれが無いと学校の怪談って感じがしませんなぁw
後、摘んで行くと役者も色々珍しい人が居るものです。
第一作では、用務員のクマヒゲは久本正美や柴田理恵などの劇団ワハハ本舗の座長「佐藤正宏」氏である事を後で知りました。
人怖がらせてたのが、実は笑かす人だったんだぜ。
学校の怪談でのインパクトが強く、しばらくはクマヒゲで定着してました。
二作目では、今は亡き「岸田今日子」氏が校長役で出演。
ろくろ首として再登場した時には、意外と怖さは無く、コミカルな感じのろくろ首をやってました。
ただまあ、盗まれた懐中時計を取り返すだけってのはちょっと納得いかない理由でしたね、冒頭が冒頭だけに・・・
そして、人面犬役に「きたろう」氏で、ラストでは犬の飼い主でも登場する。
二作目はキャストが多い分、有名な人も入ってますし、後の有名人も入ってました。
調べて驚いたのが、ムラサキババア役の人って声優だったのね。
三作目は、「黒木瞳」「津川雅彦」「螢雪次朗」「佐戸井けん太」「林家こぶ平(九代目林家正蔵)」氏など、有名所が一気に参加。
で、子役で注目なのは「豊永利行」氏。
現在、俳優と同時に声優でも活躍中の方である。
とは言え、私はアムドライバーの「ジョイ」しか知りませんが;
四作目は・・・・特にこれと言って無いですねぇ・・・
しいて言えば、落語界の大御所が出演してた位でしょうか?
こうして調べ返すと、あ、こんな人出てたんだってのが分かって面白いですね。
とは言え、映画自体の情報が少ないし、古い映画なのですが、現在ではDVDボックスが出てるらしいですね。
懐かしくなった人や、興味の出た人は見ては如何でしょうか?
それほど怖い作品でもないので、今でも親子で見れるんじゃないでしょうか?
私はまあ・・・人と一緒なら見るかもしれません^^;

日記

Posted by .R