仮面ライダーギーツ DXヴィジョンドライバー二次予約販売開始。

衝撃の登場となったゲームマスターギロリが変身する仮面ライダーグレアーと彼が使用する変身ベルトヴィジョンドライバー。

放送翌週の月曜日にて予約開始となりましたが、デモンズドライバーより進化したLEDアニメーションとギミック、そしてシステムボイス担当の松岡禎丞により即日完売となりました。

年末も近いと言う事で年内に二次予約はないかも?と思われてましたが、以外にも早めに二次予約開始です。

仮面ライダーギーツ DXヴィジョンドライバー二次予約販売開始。

2022年12月19日予約開始、2023年5月発送予定

PR 仮面ライダーギーツ 変身ベルト DXヴィジョンドライバー 販売ページ
icon

前作仮面ライダーリバイスはリバイスドライバー、ツーサイドライバー以外の変身ベルトは全てプレミアムバンダイ限定となってしまいましたが、今年はデザイアドライバーをベースに子どもたちにも手が届きやすい商品展開を目指すと言うような意気込みを聞いた気がしますが、まあ、そうですよね・・・やりたい事はやってみたいですよね?

以前開催された変身ベルト展で未来の変身ベルトとして、変形する変身ベルト、液晶ディスプレイを搭載した変身ベルト、蒸気を吹き出す変身ベルトなど展示されてましたが、変形する変身ベルトはBLACKSUNのサンドライバー、液晶では無いもののLEDアニメを搭載したデモンズドライバー、そして今回のヴィジョンドライバーと、商品化に一歩一歩成功していますね。

物価高騰も影響を受ける中、これだけの技術を搭載してくれるのはありがたい限り。

まあちょっとグレアーに惚れたお子様には申し訳ないですが・・・

ヴィジョンドライバーは劇中では指紋認証ですが、ベルト上部にセンサーを内蔵する事で再現、もはやセンサー作動を平然と入れて来てますね。

ベルトのディスプレイバックル右端にはカードスキャナー部分がありますが、カード認識機能とかは特に無いのでしょうか?せっかくだからガンバライジングもガンバレジェンズになりますからカード認識あっても良いと思いますけどね。

そしてベルト左側のホルダーにはレイズバックル認識用ホルダーが付いており、各レイズバックルに対応してバックル部分でアニメーションが表示されます。

正直ベルトのバックルじゃなくてサイドのホルダーに認識機能を付けてるとは驚きですね、これにより正面がスッキリしたスマートなデザインと、LEDディスプレイを広々と使うことが出来るみたいですね。

ここらへんデモンズドライバーより進化してる所ですね。

そしてシステムボイスは松岡禎丞、ソードアート・オンラインのキリトで有名で近年では鬼滅の刃の嘴平伊之助が有名ですね。

ソードアート・オンラインの劇場版、鬼滅の刃の刀鍛冶の里編のPVが解禁されて更に変身ベルトの声とかタイミング良いですね。

私はグレアー登場時に気づかなかったのですが、やはりファンは直ぐに気づいたようで直後から盛り上がっており、松岡禎丞だから買う!と言う人までいましたが・・・買えたのだろうか?

一次の時は12月12日予約開始で締切が12月19日と短かったですが、二次の締切は2023年2月3日23時とだいぶ余裕をもたせておりますので安心して・・・出来るかな?

一次は一時間以内に売り切れてたからな、まあ、二次は・・・締め切り期間長いから一日で売り切れるって事は無いかと思いますね。

PR 仮面ライダーギーツ 変身ベルト DXヴィジョンドライバー 販売ページ
icon

ちなみにしれっと仮面ライダーストア限定の昭和ライダーレイズバックルが通販開始してますのでご一緒にいかがでしょうか?(私は当日店舗で買いました。)

PR 仮面ライダーギーツ DXタイフーン&ダブルタイフーン&キングストーンレイズバックルセット 販売ページ
icon